転生した無名藩士、幕末の動乱を生き抜く

「佐賀藩より早く蒸気船に蒸気機関車、アームストロング砲。列強に勝つ!」

 人生100年時代の折り返し地点に来た企画営業部長の清水亨は、大きなプロジェクトをやり遂げて、久しぶりに長崎の実家に帰ってきた。

 学生時代の仲間とどんちゃん騒ぎのあげく、急性アルコール中毒で死んでしまう。

 しかし、目が覚めたら幕末の動乱期。龍馬や西郷や桂や高杉……と思いつつ。あまり幕末史でも知名度のない「薩長土肥」の『肥』のさらに隣の藩の大村藩のお話。

 で、誰に転生したかと言うと、これまた誰も知らない、地元の人もおそらく知らない人の末裔として。

 なーんにもしなければ、間違いなく幕末の動乱に巻き込まれ、戊辰戦争マッシグラ。それを回避して西洋列強にまけない国(藩)づくりに励む事になるのだが……。

■目次

人物紹介
年表
第1話 『転生したら幕末の大村藩下級藩士!大村純顕と純熈に仕えて、西欧列強に対抗する。』(1837/1/6) 
第2話 『玖島城へ向かう途上にて、心強い味方に出会う』(1837/1/7) 
第3話 『胡蝶の夢と従五位下大村丹後守純顕』(1837/1/8) 
第4話 『転生早々いきなりの無茶振りと、大村藩影のフィクサー誕生』(1837/1/8) 
第5話 『そもそも弱小五万石の大村藩が、隣の佐賀藩三十五万石に勝てるのか?』(1837/1/9) 
第6話 『まずは五万石を、十万石にしよう。それも手っ取り早く』(1837/1/9)
第7話 『果たして幕末に石けんは売れるのか? 儲かるなら作るしかない』(1837/1/9)
第8話 『石けんで五万石分利益がでるか? 原価と販売経路その他諸々』(1837/1/11)
第9話 『+五万石達成!なのか?まずは藩主様から始めよう』(1837/1/21)
第10話 『いきなりの佐賀藩越え。試供品と大プレゼン』(1837/2/7)
第11話 『まずは太田和村だけでの先行製造と、リスク分散で他の産業も考える』(1837/3/16)
第12話 『城内の石けん反対派と純顕の改革』(1837/4/3)
第13話 『二十四歳、肥前佐賀藩、十代藩主鍋島直正という男』(1837/4/19)
第14話 『目指せ佐賀藩、追いつき追い越せ佐賀藩』(1837/5/18)
第15話 『西洋学の大家、高島秋帆との出会い』
第16話 『モリソン号事件を警告しよう』(1837/5/5)
第17話 『大村藩の食糧事情とその改善。全国平均ってどうなんだ?』(1837/5/19)
第18話 『そのころの日本は? 俺が出来る事なんて、たかが知れてる。あれ? お慶さん』(1837/6/1)
第19話 『大村藩保守派の妬み』
第20話 『偽物と刺客』(1837/7/5)
第21話 『黒幕と顛末』(1837/7/6)
第22話 『石けん販売の今後と領内でしばしの休養』(1837/8/2)
第23話 『モリソン号警告についての幕府の見解と、聞役としての動き』(1837/9/14)
第24話 『白帆注進心得』(1837/9/14)
第25話 『ゲベール銃』(1837/10/01)
第26話 『佐賀藩、大村藩に遣いを送り、探りを入れる』(1837/11/12)
第27話 『高島秋帆の一番弟子、平山醇左衛門との出会い』(1838/1/10)
第28話 『坂本龍馬の支援者・小曽根乾堂の父、小曽根六左衛門』(1838/2/9)
第29話 『幕府最後の巡見使。ゲベール銃の完成とパーカッションロック式』
第30話 『人生初の参勤交代』(1838/12/29)
第31話 『江川英龍の知己を得、鳥居耀蔵を排除しよう』
第32回 『何がどう転んで御家老様に?』(1839/06/12)
第33回 『藩政改革と新たな商品開発。精錬方も』(1839/06/12)
第34話 『まじで何が売れるだろう? 高炉の件は鍛冶屋と波佐見の窯焼き職人&炭焼き職人に任せようかな』(1839/08/20)
第35話 『耐火レンガと佐賀藩・唐津百姓一揆』(1839/09/26)

タイトルとURLをコピーしました