人物紹介

 ※()内の年齢は1837/1/6時点の年齢(数え)です。
 ※随時更新します。
 ※印の人物は実在の人物ですが、作中では史実とは違う行動思想かもしれません。

 太田和次郎左衛門武秋(15)
 本作品の主人公。前世名は清水亨(50)。友人数名との飲み会で深酒して急性アルコール中毒で死亡。幕末に転生。肥前大村藩士の息子として生まれ変わる。重度の歴史オタクである。

 太田和佐兵衛武豊(43)
 武秋の父。在地領主として村を治める。言葉数は少ないが、やるときはやる。

 太田和一進斎(68)
 武秋の祖父。地元の名士的な存在。

 妙(40代)
 太田和家女中頭。気さくな性格。

 静(15)
 武秋の妻。前世の片思いの女性と瓜二つ。芯の強い女性だが、か弱いところもある。

 千代丸(1)
 生まれたばかりの嫡男。

 山中信之介(15)
 武秋の幼なじみで中浦村二十石扶持。転生者?

 藤田助三郎(20)
 太田和家に代々仕える藤田家の次男。長男は館勤め。博識。

 藤田角兵衛(19)
 助三郎の弟。武芸全般が達者な力自慢。

 大村純顕(15)※
 肥前大村藩第十一代藩主で純熈の兄。武秋を藩政の舞台に引き上げ、富国(領)強兵を目指す。職制改革・知行制改革、商業流通統制など、様々な藩政改革を行なった。

 大村純熈(7)※
 肥前大村藩第十二代(最後)藩主。蘭学に通じ、文武や学問を奨励した。洋式軍事技術を藩士に学ばせ洋式軍備を導入する。

 河野十兵衛(31)
 信之介の従者。

 大村五郎兵衛昌直(37)※
 大村藩一門で両家と呼ばれる。五郎兵衛系。 千四十石九斗二升取り。(反・次郎)

 大村彦次郎友彰(22)※(親・次郎?)
 両家、彦右衛門系一門。八百四十六石九斗六升。

 渋江右膳(55)※(反・次郎)
 家老。三百石取り。

 北条新三郎昌盛(39)※(親・次郎?)
 家老。二百石取り。

 稲田又左衛門昌廉(49)※(親・次郎?)
 家老。二百石三斗三升。

 冨永鷲之助(23)※(親・次郎)
 城代。二百六十石二斗九升取り。彼杵外海雪浦村に二百十石の知行地あり。城の上役の中では唯一次郎左衛門武秋と親交あり。

 尾上一之進(尾上一之・15)
 2000年からのタイムストリッパーで、信之介の夢の中での大学の同期生。医学部卒業で外科医。

 お里(15)
 20~21世紀からの転生者で10年前に庄屋の娘として転生。結婚が嫌で身を投げたところ、下流で次郎達に助けられ、行動を共にする。次郎の?

 高島秋帆(40)※
 幕末の砲術家で高島流砲術の創始者。長崎町年寄の高島茂起(四郎兵衛)の三男として生まれ、長崎会所調役頭取となる。

 大浦慶(お慶・9)※
 幕末から明治にかけての女性商人。日本茶輸出貿易の先駆者。楠本イネ・道永栄(肥後天草出身)と並ぶ長崎三女傑のひとり。

 鍋島茂義(38)※
 肥前国佐賀藩士。武雄鍋島家9代当主。28代佐賀藩自治領武雄領主。鍋島直正の義兄である。高島秋帆の門弟にして西洋式砲術や科学技術の研究を行った。幕末期の佐賀藩の高度な軍事力・技術力開発の礎となった。

 鍋島直正(23)※
 肥前佐賀藩の10代目藩主。藩財政改革をはじめ諸改革に取り組む。洋式軍隊・科学技術の導入開発を行い、嘉永5(1852)年には洋式鉄製大砲を日本ではじめて製造する。軍備の強化に務め、公武合体も斡旋した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました