年表

 以下、旧暦表示。随時更新します。

 天保七年(1836~1837)

 十一月
清水亨、太田和次郎左衛門武秋として肥前大村藩へ転生。

 十二月
十一代大村藩主、大村純顕に謁見し、藩の財政再建ならびに軍制改革、富国強兵の(裏)家老に任じられる。(裏家老は仮称) 

 天保八年(1837~1838)

 一月
石けんの試供品を献上。藩の主要産物とするべく量産の許可を得、製造を開始する。

 三月
石けんの増産のため、個人製造販売と並行して藩営の製造所を建築。増産開始。佐賀藩の事例を出して、長崎の高島秋帆の技術習得と、長崎を基盤として石けんの九州各藩への販売を計画。

 四月
七月末に起こるであろうモリソン号事件を警告すべく藩主に提言。

 六月
モリソン号事件

コメント

タイトルとURLをコピーしました