第23話 九郎と勘解由 蛎浦の海戦⑤

 未の正刻(午後二時ごろ) 沢村政忠

「ぐあっ!」
 親父が左腕を抱えて膝をついた。

 二発目の弾は俺を狙っていたようだが、船が揺れるとの同時にかがんだので当たらなかった。

「父上!」

 俺は親父を抱え、破ったはちまきを傷口にかぶせると、脇を圧迫してきつく縛る。

「大事ない! はあはあ」。
 平静を装っているが、明らかにやせ我慢だ。痛いに決まっている。

「おのれ!!」

 安宅船の船楼上を見ると、火縄でまだこちらを狙っている。俺は親父を抱えたまま敵を睨んだ。怒りが収まらない。

「もはや大勢は決しておる。小佐々の船のもとへ。それから南側の利三郎たちを西側から迂回させて、瀬戸の北側を塞がせよ」

「はは!」

 小佐々水軍が陣をはっている南側へ着くと、叔父上たちはもういなかった。先回りして迂回、北側を抑えにいったようだ。

「はは、鬼の兵部小禄もそんな顔をするんだな」

 と小佐々純俊。

「当たり前だ。大体くるのおせえんだよ! いだ!」

「それだけ元気なら大丈夫だな。まあ、あとは任せろ」

「おいしいところだけもっていきやがる。ああ、小佐々どの」

 小佐々弾正純勝が近づいてくる。

「そのままで。よく持ちこたえてくれた」。

「なに、たいしたことはありやせん。敵は松浦九郎信親。副将は一部勘解由のようです」。

 はあはあ、と息を吐きながら答える。

「隆信の命で弟を、ぐ! もともとは港への襲撃だけのようでしたが、信親が先走ったようです。勘解由がいなければ、もう少し早く片が着いたと思いますが」

「よい、もう喋るでない。ゆっくり休め」。

「ありがとうございます。これに控えましたるは、息子の……」

 いない!

 ■松浦軍 旗艦上

「九郎様! この船はもう持ちませぬ! 今ならまだ間に合います。小早に乗り移り、残った兵とともに逃げましょう!!」

 いたるところで火の手が上がり、煙がもうもうと上がっている。船は傾き沈みかけており、いつ沈んでもおかしくない。

「逃げるだと!? 俺は逃げるのを良しとしない。たかが小佐々の沢森ごときにこの俺が……」。

「その油断がこの結果! まだわかられぬか! 生きてこそ! 生きてこそ再起もあります!」

 勘解由が信親の両肩をつかんで説得しているその時、

「たああああああああああああいーーーしょおおおおおおおおおくーーびぃー!」

 艦尾からそう叫んで、勘解由の正面に斬りかかってきた武者がいる。

 深沢義太夫勝行である。

 とっさに信親を押しのけ、「お逃げください!」と叫ぶと、切りかかってきた刃を受ける。

 重い。

「小僧! やるではないか。名は?」

「小僧ではない! 深沢義太夫だ!」

 ガキン! と音をさせて二人とも後ずさる。そして再び斬りかかり数合打ち合っていると、ひゅうううん、ひゅうううん、と音がして、

「ぐは!」

 間を置かずに、

「う!」

 勘解由と、いまだ逃げ切らぬ信親の声。

 どこからだ? 一瞬周りを見渡して、瀬戸の南側の小佐々軍船の船楼にたっている武者が目に入る。
(百間はあるぞ。何者だ?)

 肩に刺さった矢を抜いて怯んでいる勘解由に、勝行は襲いかかる。

 一方で、あたりを見回して、鉄砲手が見当たらないのがわかると、いつの間にか乗り込んでいた政忠は、鬼の形相で信親に襲いかかる。

「沢森当主が嫡男、平九郎、推して参る!!」

 全身の毛が逆立ち、血が巡り、目が血走っていた。

 無我夢中。トランス状態といってもいいかもしれない。父親を撃たれた恨みが何倍にも増加しているのだ。

 突然、船が急激に傾いた。そのとき、勝負はついたのかもしれない。

 四人とも体勢を崩したが、信親が倒れて政忠が覆いかぶさった時、その拍子に信親の脇腹に政忠の刀が刺さったのだ。

「ぐあ!」

 偶然とはいえ、政忠はそのままの勢いで、力を入れて押し込む。信親の顔が苦痛にゆがむ。

「がはあ!」

 沈黙した。

 勘解由は矢の当たりどころが悪かったのか、血が止まらない。最初は優勢に運んでいたが、次第に押されている。

 信親の叫び声に気を取られた一瞬のスキを、勝行は見逃さなかった。

 肩の付近に鮮血がはしる。

「ぐ、ぐうううう。おのれまだまだあ……」

 しかしもう、どうする事もできない。

 足をすくわれ、力で抑え込まれると、勝行に喉元を押さえられる。

 ごき、ごきゅ、ぐき、と鈍い音がした。

「沢森城主 沢森兵部小禄が嫡男、平九郎政忠、松浦九郎信親を討ち取ったり!」

「本郷城主 深沢義太夫勝元が嫡男、義太夫勝行、一部勘解由を討ち取ったり!」

 大将と副将が討ち取られたと知るや、残りの兵はこぞって逃げ出そうとしたが、もはや烏合の衆であった。

 北側を塞いでいた利三郎と忠右衛門の隊に討たれるか、捕虜、溺死、焼死のいずれかとなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました