第15話 領主の決断 ~平戸の南蛮貿易と水軍の役割~

「どういう事だ?」

 親父が聞いてきた。

「大村様は周りを敵に囲まれております。東の西郷は義理の兄弟で、島原の有馬様の陣営にありますが、いつ敵方になるかわからない状況です。武雄の後藤は大村様に敵対心を持っておりますし、北の諸勢力は日和見です」

 親父はうん、とうなずく。

「そんな状況を打開するために、南蛮貿易は是が非でも必要で、領内の安定と周囲の脅威を排除しなければなりません。仮に横瀬以外に福田や長崎を開港したとしても、大村様は水軍をお持ちではないので、いつ襲撃を受けるかわかりません。そこで我らの出番、というわけです」

 俺はゆっくりと、しかしはっきりと話し続ける。

「将来的な開港を見据えて、我らを味方につけ、海上護衛と港の防衛を担わせる。もちろん陸においても、八木原の関所を廃止したり税制を優遇するなどします。ただ先々は、関所は全廃しても問題ないと思います」

「なるほど、どちらにも得はあるが損はない、という事じゃな」

 すべてを聞いた上で、飲み込んだように親父は答えた。

「はい」

「わかった。それについては小佐々の旦那と話してみよう」

「ありがとうございます」。
 本当はもっと話したいことはあったのだが、急いては事を仕損じる。最優先課題から片付けよう。

 一礼して、部屋をでた。なぜか親父が、満足そうに笑っているように見えた。胸をはり、呼吸を整えながらゆっくり歩き自室に戻る。

 ふうううううううううううーーーーーーーーーーー。疲れたー。畳の上に大の字に寝転がり、ごろごろごろごろっと転がって天井を見上げる。

 親父相手でもこうなんだから、他人だったら相当な頭脳労働だぞ。これ。

 有給つかって休んだのに、なんでこんなに疲れんの? 笑うしかない。
 まあ、愚痴ってもしょうがない。

 製造業は創意工夫が必要だから、すぐには無理?

 農業、漁業、商業? 林業……。商業は違うか。いや農業にしたって収穫は何ヶ月後だよ。漁業も同じで、林業なんてなおさらだ。……いや、一ヶ月あるんだ。もう、今日は寝よう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました