第19話 海賊の誇り 初陣への覚悟 蛎浦の海戦①

 四月九日 午の正刻 四半刻すぎ(正午十二時半)ごろ

 部屋で具足をつけていると、どたどたどた! と廊下を早歩きしてくる音がして、聞き耳をたてる。

「殿!」

 どなるでもなく、叫ぶでもなく、ある種強い確認めいた意思を感じる声を、俺は聞いたことがあった。

 母だ。

「平九郎を戦に連れて行くのは本当ですか?」

「本当だ。あやつめ、自分から言ってきおった。大したものだ、震えておったがな」ふふふ、と嬉しそうに笑う。

「震えていたのならなおさらです! 取りやめてください! そもそも初陣は儀式。入念に準備して身の危険を限りなく少なくして行うものでしょう?」

 親父はすうううううう、と深く息を吸い、ゆっくり吐き出した。

「その通りだ。しかし俺たちゃ海賊、水軍、呼び方はいろいろあるが、船乗りの一族、家系だ。何代も前に枝分かれして久しいが、瀬戸内の海を住み家としてきた一族だ。名前も変わって、いつのまにかあっちが海賊の本家みたいになってるがな」

「それが何の関係があるのですか?」

「だから、だ。武家の常識を当てはめちゃいけねえって事だよ。平九郎も船が好きだろう?」

「なあに、可愛い子には旅をさせよって言うだろ? (あれ? 意味違うか?)心配しなくても絶対に死なせはしない」。

「でも……」と母は食い下がる。

「いい加減にしろ! もう決めた事だ!」
 思わずビクッとしてのけぞってしまったが、意を決して、

「父上、支度が整いました」と外から声をかける。

「そうか、入れ」
 母は泣きそうな顔をしている。無理もない。ただでさえ子の初陣というのは心配なんだろう。それに去年兄貴が死んだことも相当こたえているはずだ。

「母上、心配いりません。無理はしませんし、護衛のものもついています」
 なぜだろう、さっきまでアドレナリンがでまくっていたのに、不思議と少し落ち着いてくる。

 前世の俺と比べたら二回り近く年下なのに、違和感なく母親に思えてきたのだ。
 俺がしっかりしなくちゃいけない、この人を悲しませてはいけない、そう思う。

 しばらくすると、
「兄者ー!」
「兄上ー!」

 とがしゃがしゃと甲冑の音をさせながら壮年の男性武者二人がやってきた。
 叔父上たちだ。

「準備が整いました」

「よし、参ろう」
 父の言葉のあとに、俺はニコッと母に一礼した。

 いよいよ初陣だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました